World Beans Map

南米

南米はコーヒーの一大生産地、コーヒーの市場価格に多大な影響を及ぼす。

ブラジル

世界第一位のコーヒー生産国
サッカーだけじゃなくコーヒーも盛ん
【まめや取扱銘柄】
サントス No.2 #18
サンアントニオ プレミアムショコラ
ブルボン アマレロ ボンジャルディン農園

コロンビア

世界第三位のコーヒー生産国
「エメラルドマウンテン」の生産地
【まめや取扱銘柄】
ウィラ スプレモ
クレオパトラ
スプレモ カフェインレス
エメラルドマウンテン

ペルー

癖のないバランスの取れたコーヒー
有機栽培のコーヒーも数多く生産
【まめや取扱銘柄】
マチュピチュ天空

中米

中米は量より質を重視した、スペシャリティコーヒー産業の中心となる生産国

メキシコ

優しい酸味とまろやかな口当たりで
飲みやすいコーヒー
【まめや取扱銘柄】
ハニー オアハカ ベタデドライ
カフェインレス MWP

グアテマラ

バラエティに富んだコーヒー豆の生産地
【まめや取扱銘柄】
グアテマラ SHB
ゴールデンバレンシア

ニカラグア

スペシャリティコーヒー生産国として注目
お土産は「ハンモック」が人気
【まめや取扱銘柄】
カサブランカ農園

コスタリカ

スペシャリティコーヒーの生産に注力
国名の意味は「豊かな海岸」
【まめや取扱銘柄】
コーラルマウンテン

キューバ

上質な珈琲豆を数多く生産
カリブ海の真珠と言われる
【まめや取扱銘柄】
クリスタルマウンテン

ジャマイカ

「ブルーマウンテン」の生産地
国名の意味は「森と水の国」
【まめや取扱銘柄】
ブルーマウンテン No.1

アジア地域

今後最高品質コーヒー需要が高まる中、アジアの生産国にも期待

ベトナム

世界第二位のコーヒー生産国
「ベトナムコーヒー」は印象的
【まめや取扱銘柄】
アラビカ エヴァーグリーン

インドネシア

世界第四位のコーヒー生産国
「マンデリン」が有名
【まめや取扱銘柄】
スマトラ マンデリンG1
トラジャ カロシ

インド

コーヒー生産も盛ん
「モンスーンコーヒー」は欧州で好まれる
【まめや取扱銘柄】
モンスーンAA

中国

お茶の名産地「雲南省
より殆どの珈琲豆を生産
個性を持たせながらも飲みやすい珈琲
【まめや取扱銘柄】
雲南アラビカ

Coming soon

Coming Soon

オセアニア地域

コーヒー生産量は多くないものの、高品質なコーヒーも多く、侮れない。

アメリカ(ハワイ島)

ハワイのコーヒー農園とは
日系移民との関わりも深い
【まめや取扱銘柄】
コナ エクストラファンシー

パプアニューギニア

優れた風味とコクのある
コーヒーが魅力
【まめや取扱銘柄】
トロピカルマウンテン
シグリ農園

Coming Soon

アフリカ

どの国も個性的なコーヒー豆を生産、技術の発展と共に品質も向上

エチオピア

コーヒー発祥の地(イエメンを含む)
「モカコーヒー」といえばエチオピア
【まめや取扱銘柄】
モカ シダモG2

タンザニア

華やかな酸味が特徴
「キリマンジャロ」が有名
【まめや取扱銘柄】
キリマンジャロ AA

ケニア

スペシャリティコーヒー生産国として
注目
【まめや取扱銘柄】
ケニア AA
マサイ AA

イエメン

商業的なコーヒー栽培はイエメンが
始まりと言われている
【まめや取扱銘柄】
モカ マタリ No.9

ブルンジ

落ち着いた酸味と軽めのコク
心地よいコーヒー
【まめや取扱銘柄】
ブルンジ AA

ザンビア

甘い香りと方向な酸味が特徴的
【まめや取扱銘柄】
イエローハニーAAA/NCCL農園

珈琲の好みは十人十色、貴方の為に、貴方だけの珈琲を

まめやは特別な直火式小型焙煎機により、注文を受けてから珈琲豆を焙煎。
個性豊かな豆達から、煎り加減も貴方のお好みで、貴方だけの珈琲豆を焙煎させていただきます。
日々の生活に、珈琲で少しでも至福の時間をお届け致します。